本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ
協議会支援センターのご案内具体的な支援内容をご紹介
協議会支援センターのご案内

平成30年度 北海道地域中心市街地活性化担当者ネットワーク会議

プログラム

  1. 日時
    平成31年3月19日(火)
  2. 開催地
    TKP札幌ビジネスセンター
  3. 主催
    独立行政法人中小企業基盤整備機構北海道本部(以下、中小機構北海道本部)
    中心市街地活性化協議会支援センター
  4. 会議次第
14時30分~
開会挨拶
中小機構北海道本部 企画調整部 部長 小林 秀章
14時35分~
各地域の取組み事例の発表と意見交換
(進行役)中小機構北海道本部 中心市街地活性化サポートマネージャー 山下 雅司
17時20分~
情報提供
経済産業省北海道経済産業局 産業部商業振興室 室長補佐
西村 学氏
17時25分~
中小機構からの連絡事項
17時00分~
閉会

  • 参加者数
    22名
  • 参加協議会数
    7協議会

会議概要

本会は、北海道地区各地域がこれまでの中心市街地活性化施策について振り返りながら、まちづくりノウハウを共有し、今後のまちづくりに役立てることを目的に開催されました。具体的には、各地域が中心市街地活性化事業について事業推進状況報告とその成果ならびに反省などを発表いただき、中小機構北海道本部・中心市街地活性化サポートマネージャー山下雅司の進行の下、さらに内容を掘り下げました。

各地域からは、中心市街地活性化協議会を活用しながら事業のブラッシュアップを行った例や官民が入居する複合商業ビル再開発スキームの整理、中心市街地活性化協議会構成員のスリム化による中心市街地活性化事業の実施推進体制の強化、話題になるような活動を商店街で行う商業者が連鎖的に現れている例、次世代のまちづくり人材の発掘と育成の活動など、有用なノウハウの共有が図られました。

各地域の取組み事例の発表と意見交換の後、経済産業省北海道経済産業局 産業部商業振興室 室長補佐である西村 学氏から地域文化資源を活用した商店街の取り組みやキャッシュレスの推進を支援する施策の紹介がありました。

交流会の様子
交流会の様子