本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

全国中心市街地活性化協議会勉強会(全国勉強会)2019 のお知らせ

2019年7月11日(木曜)、中小機構・本部にて、全国中心市街地活性化協議会勉強会(以下、全国勉強会)を開催いたします。
開催概要は以下の通りです。

目次

開催概要


  1. 開催日
    2019年7月11日 (木曜) 13時00分~17時45分
    ※全国勉強会後、18時より意見交換会を実施します(任意参加、会費一人3,000円)
  2. 会場
    独立行政法人 中小企業基盤整備機構・本部
    (東京都港区虎ノ門 3-5-1虎ノ門37森ビル 9階)
  3. 主催
    独立行政法人 中小企業基盤整備機構(以下、「中小機構」)
    中心市街地活性化協議会支援センター
  4. 目的
    他の地域にとってヒントになる取り組みを行っている方々を事例発表者とし、分科会形式で行うことで、中心市街地活性化に取り組んでいる地域が相互に課題・情報の共有を図り、課題解決に向けた議論を行うことを目的に開催します。
    具体的には、テーマ別に5つの分科会があり、発表者からの取組事例発表と、参加者の皆様と発表者との質疑・ディスカッションをコーディネーターの進行のもと行います。参加者の皆様は2つの分科会に参加できます。
  5. 参加費
    無料
    ※全国勉強会後の意見交換会にご出席の方は、会費一人3,000円が必要になります。

今回 「全国勉強会」 のねらい

まちづくりを実践される方の “生” の話を、少人数で聴く

本勉強会は、全国でまちづくりを実践される方から、目と目が合う少人数の分科会で話が聴ける、と毎回評判をいただいております。今回も5つの地域の取り組みから、2つを選択してお聴きいただけます。

聴くだけではなく、自ら話し、語り合う

分科会では事例地域の話を聴くだけでなく、参加者も「自己紹介シート」を使ってそれぞれの地域や取り組みを紹介し、分科会全体でディスカッションを進めます。異なる地域の人たちとの交流や語らいで、気づき、発見が得られることでしょう。
※自己紹介シートは、参加分科会をお知らせするメールに添付いたします。

事業を行う方、支援される方 「ペア」で

今回の勉強会は情報収集に留まらず、地域の課題解決につながる会にしたいと考えます。そこで、地域で事業を行う方、支援される方のペアでご参加いただき、終了後地元のまちづくりをいっそう推進していただければ、と思います。

次第


13時00分
開催の挨拶
13時05分
全国勉強会進行のガイダンス
13時15分
分科会[1] 
発表者による事例発表(5分科会)
発表者との質疑応答・意見交換
15時30分
分科会[2] ※内容は分科会[1]と同じ
17時30分
連絡事項・閉会挨拶
※17時45分閉会予定。
 閉会後は、同会場にて意見交換会を行います。
18時00分
意見交換会(任意参加・会費一人3,000円)

各分科会内容と発表者の紹介


【分科会A】「商店街エリアマネジメント ~実現する組織の工夫と事務局力~」
七日町商店街振興組合 事務局長 下田 孝志氏

分科会A発表者:下田 孝志氏

山形県山形市の七日町商店街。約半世紀前から商店街としての「将来ビジョン」を描き、民間主導で取り組んできた活性化事業により、山形県内の商業地で唯一、地価を上昇させている。
エリアの活性化を支える組織の形と「事務局力」とはどのようなものか?まちの大小に関わらずエリアを動かしていく「事務局のあり方」を学ぶ。

【分科会B】「インバウンド対応のためのキャッシュレス決済 ~導入のポイントと今後の展望~」
株式会社 金沢商業活性化センター 常務執行役員 高本 泰輔氏

分科会B発表者:高本 泰輔氏

金沢市のまち会社、株式会社金沢商業活性化センターは、インバウンド対応の為にキャッシュレス端末導入の仕組みを作り、商店街に働きかけた。その仕組みは、現在100もの事業者の参加を呼んでいる。
その取組から、キャッシュレス端末導入支援や導入に向けてのポイント、さらにキャッシュレス端末導入後の展望について学ぶ。

【分科会C】「マーケット&リノベーションで商業地の再生を!~まちの活力となるコンテンツを創出~」
一般財団法人 岐阜市にぎわいまち公社 まちづくり支援係長 白橋 利明氏

分科会C発表者:白橋 利明氏

岐阜市では商業地再生を目指し、①定期マーケットを開催し、新規顧客・創業希望者を創出。②遊休不動産をリノベーションして、魅力コンテンツをリーシングしていく。この2つのステップを民間主導で行っている。
この取組の中から、民間組織と支援組織の役割・連携のあり方について学ぶ。

【分科会D】「商業者主導の中活計画!追加記載した5事業 ~なぜできたか、どうしているか、何が見えたか~」
堺市中心市街地活性化協議会 まちづくり部会 矢本 憲久氏

分科会D発表者:矢本 憲久氏

堺市では、商業者が自ら声をあげ、官民連携のまちづくり部会が結成された。エリアの魅力づくりに不可欠な事業を発案したところ、基本計画に5事業が追加記載されるに至った。現在も、商業者が主導し、試行錯誤を重ねながらも事業を積極的に実施している。
まちづくりへの商業者の巻き込み方、真の官民が連携ができる方法を学ぶ。

【分科会E】「油津商店街は本当に再生しているの? ~創業と雇用の場からみた新しいまちづくりの形~」
株式会社 油津応援団 代表取締役 黒田 泰裕氏

分科会E発表者:黒田 泰裕氏

人口が減少し、経済が縮小していくこれからの社会の中で、商店街の課題を解決するのではなく、この地域の課題をしっかりと捉えそれらを解決するために商店街という空間の新たな役割・あり方を考えてゆく。
油津発、創業やIT企業誘致による雇用創出など、新しいまちづくりの形を学ぶ。

意見交換会

意見交換会は、全国勉強会終了後、18時より同会場にて行います。
全国勉強会は無料で参加が可能ですが、意見交換会は3,000円の会費が必要になります。
お申し込みは、全国勉強会の申込みと併せてお申し込みください。会費は、全国勉強会当日の受付時にお支払いをお願いします。
 

申込書


申し込みは以下のリンク(エクセルファイル)に必要事項を記入いただき、メールまたはFAXにて送信下さい。
Eメール kyogikai☆smrj.go.jp (☆の部分を@に置き換えて送信下さい。)
FAX  03-3431-0418

全国勉強会申込書(111.50 KB) 別ウィンドウでexcelファイルを開きます

  

中心市街地活性化協議会支援センター 〒105-8453 東京都港区虎ノ門 3-5-1虎ノ門37森ビル 3階
(中小企業基盤整備機構内)