本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 小さな事業から着実にまちに変化を与える(福井県越前市武生)

小さな事業から着実にまちに変化を与える(福井県越前市武生)

ポイント

・事業実施主体の明確化
・事業範囲と事業内容の選択と集中
・小さい事業の積み重ねによる中心市街地の課題克服

場所

福井県越前市武生

協議会

あり

分類

【空き店舗対策】【地域資源・地位特性】

実施主体

まちづくり武生株式会社など

人口

5~10万人未満

概要

越前市武生は奈良時代には国が置かれた歴史的なまちであり、伝統産業や文化が栄え、市内には打刃物や箪笥(たんす)、和紙、瓦などの産業が今も残っており、手仕事のまちとしての特徴もあります。
昨今では2023年の北陸新幹線延伸による観光客対応策も検討するタイミングとなり、課題対応が急がれています。
その中で、まちづくり武生株式会社が自身の具体的な事業内容を検討し着手してから少しずつまちに変化が生まれてきました。

詳細はこちら

小さな事業から着実にまちに変化を与える

主な利用支援策

関連リンク
創業者育成から開業後の事業継続まで一気通貫の空き店舗対策
まちなかに開業者を呼び込む!アキテンポ不動産の取組
家族のような商店街! チャレンジショップ事業から専門店が次々に出店
商店街の空き店舗は、埋めて撤退してもまた埋める!―17年間で約50の空き店舗を店舗化―