本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 思いで勝負!商店街で県内産品のアンテナショップを若手が運営

思いで勝負!商店街で県内産品のアンテナショップを若手が運営

ポイント

高知らしさを集めて輝かす
新たな集客拠点でまちの回遊性を生み出す

場所

高知県高知市帯屋町

協議会

なし

分類

情報発信

実施主体

(株)まこと

人口

30~50万人未満

概要

高知市は、高知の食を中心に地域資源の魅力を発信するアンテナショップ『土佐せれくとしょっぷ てんこす』を高知市中心商店街の集客拠点である大丸百貨店の向かいオープンさせました。
『てんこす』は、特産品販売、地元食材を使ったレストランを併設した施設で、商店街の若手が出資した会社により運営されています。
この施設の誕生により、街区に新たな回遊性を生み出すことができています。

詳細はこちら


思いで勝負!商店街で県内産品のアンテナショップを若手が運営

主な利用支援策

地域商店街活性化法

関連URL
http://tencosu.com/
中心市街地活性化協議会支援センター
http://machi.smrj.go.jp/index.html