本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 地元の食と人の温かみで観光客を呼び込む!~「食の観光施設ながら創業も促進する屋台村」のスキームとは~

地元の食と人の温かみで観光客を呼び込む!~「食の観光施設ながら創業も促進する屋台村」のスキームとは~

ポイント

食の発信拠点の設置で観光客をおもてなし、集客を図った
鹿児島市内で飲食の新規事業者が増加により街が活性化した

場所

鹿児島県鹿児島市

協議会

あり

分類

【観光開発】【地域資源・地域特性】【農商工連携】【人材育成】【イベント】

実施主体

NPO法人鹿児島グルメ都市企画

人口

50~100万人未満

概要

地元の食と人の魅力を最大限に活かしたのが「かごっまふるさと屋台村」です。その取組は、地元の方ばかりでなく、外国人観光客に至るまで愛されています。この屋台村では、25店もの店舗が活躍しており、その中から鹿児島市内に出店する店舗も出ています。つまり、屋台村は創業を促進する側面も持ち、市内の活性化に寄与しているといえます。食の観光施設として集客を図りながら創業支援も果たす屋台村の取組とは?

詳細はこちら

地元の食と人の温かみで観光客を呼び込む!~「食の観光施設ながら創業も促進する屋台村」のスキームとは~(鹿児島市)

主な利用支援策

---

関連リンク

「食」の持続可能性確保と表裏一体で進める中心市街地活性化
「飫肥(おび)城下町食べあるき・町あるき」事業で観光客を商店街へ呼び込む!
かごっまふるさと屋台村ホームページ
全国屋台村連絡協議会