本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 「食」の持続可能性確保と表裏一体で進める中心市街地活性化

「食」の持続可能性確保と表裏一体で進める中心市街地活性化

ポイント

人材確保による“まちづくり会社”の再生
環境変化に対応した公共施設のコンバージョン
「食」の持続可能性を視野に入れた中心市街地活性化戦略

場所

大分県臼杵市

協議会

あり

分類

【交流施設】【商業施設】【農工商連携】
【地域資源・地域特性】【観光開発】

実施主体

臼杵市、株式会社まちづくり臼杵

人口

5万人未満

概要

公共施設のリノベーションにあたり、臼杵市は地元の強みである農水産業を活用する方針を採りました。良質な海の幸、山の幸に付加価値を加える施設にリノベーションしたのです。市を挙げて6次化商品開発の活発化を促すこの取り組みは、地元農家の収入の安定をもたらすだけでなく、特徴的な商品が臼杵市の魅力発信と中心市街地活性化にもつながっています。このことは、地元の「食」の再発見だけでなく、市外からの来客にも効果を及ぼしています。

詳細はこちら

「食」の持続可能性確保と表裏一体で進める中心市街地活性化(大分県臼杵市)

主な利用支援策

---

関連リンク
八町大路(臼杵市中央通り商店街)