本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 永田橋市場(ながたばしいちば)・末広市場(すえひろいちば) ~奄美らしさの残る「市民の台所」に新たな魅力を持つ出店者増加~

永田橋市場(ながたばしいちば)・末広市場(すえひろいちば) ~奄美らしさの残る「市民の台所」に新たな魅力を持つ出店者増加~

ポイント

AiAiひろば(観光交流拠点施設)設立による回遊性の向上
出店者が増える仕組みづくり
増加する観光客を取り込む
昔ながらの市場の面影を残す

場所

鹿児島県奄美市名瀬

協議会

あり

分類

【商店街販促】【地域資源・地域特性】

実施主体

個人事業者 (最盛期は組合が存在したが現在なし)

人口

5万人未満/5~10万人未満

概要

奄美市の中心市街地の一角に位置する永田橋市場・末広市場は、70~80年代の最盛期には店舗が川の上まで張り出していましたが、空き店舗が増え、老朽化も進んだことなどから市民の足が遠いていました。
しかし、賃料の安さに加え平成26年の4月から奄美市が店舗家賃補助制度と店舗リフォーム支援制度による支援を行ったことにより、地元出身者だけでなく他県からのIターン者などの出店者も現れ、利用者も徐々に増え始めてきました。
また、同市場の向かいに観光交流拠点施設「奄美市AiAiひろば」がオープンしたことにより、回遊性が生まれ、客足が再び市場まで伸びるようになりました。

詳細はこちら

永田橋市場(ながたばしいちば)・末広市場(すえひろいちば)
~奄美らしさの残る「市民の台所」に新たな魅力を持つ出店者増加~

主な利用支援策

-----