本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 小田原ブランド元気プロジェクト

小田原ブランド元気プロジェクト

ポイント

地域資源と地場産品の有効活用
地元商業界と木製品業界、異業種連携による地域活性

場所

神奈川県小田原市

協議会

あり

分類

地域資源・地域特性

実施主体

小田原ブランド元気プロジェクト実行委員会

人口

10~30万人未満

概要

小田原市では、地域資源を新たな視点で活用し、小田原に立ち寄ってもらえる新たなものを開発する「小田原ブランド元気プロジェクト」を立ち上げ、地域資源と地場産品を有効的に活用した「小田原手形」と「小田原どん」を開発しました。
小田原手形は、箱根寄木細工を施した携帯ストラップ型の木札に二次元バーコードを付したもので、加盟店舗を利用する際にこれを提示すると料金割引など各店独自のサービスを受けることができます。一方の小田原どんは、小田原漆器の食器に地場の食品を使用したオリジナルのどんぶり料理です。これらの取り組みにより、観光客の立ち寄り機会が増え、加盟店への誘客および回遊性の向上が促進されています。

詳細はこちら

小田原ブランド元気プロジェクト

主な利用支援策

地方の元気再生事業(平成20~21度:内閣官房地域活性化統合事務局)

関連URL
http://genki-odawara.com/
中心市街地活性化協議会支援センター
http://machi.smrj.go.jp/index.html