本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 創業者育成から開業後の事業継続まで一気通貫の空き店舗対策

創業者育成から開業後の事業継続まで一気通貫の空き店舗対策

ポイント

商店街のビジョンの構築とその共有
商店主や起業者のマインドやマネジメント力を育成する経営塾などの人材育成策
家賃水準を引き下げにつなげるオーナーの同志化策

場所

長野県佐久市

協議会

なし

分類

【空き店舗・空きビル】【人材育成】

実施主体

岩村田本町商店街振興組合

人口

概要

岩村田商店街振興組合が行う、創業を起点とした空き店舗対策について2点を紹介します。1点目は、創業者が商店街で商売を行う意味や、経営者に必要なマインドやノウハウを学ぶなどの人材育成策です。2点目は、商店街が地権者を商店街活性化の同志として巻き込み、家賃水準の引き下げなどの話し合いを行う取り組みです。この2点をもって、商店主の事業継続可能性を高めています。

詳細はこちら

創業者育成から開業後の事業継続まで一気通貫の空き店舗対策

主な利用支援策

後継者養成塾などの長野県の支援策

関連リンク
まちなかに開業者を呼び込む!アキテンポ不動産の取組
家族のような商店街! チャレンジショップ事業から専門店が次々に出店
商店街の空き店舗は、埋めて撤退してもまた埋める!―17年間で約50の空き店舗を店舗化―