本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 店舗開業前に顧客が出来たコミュニティカフェ

店舗開業前に顧客が出来たコミュニティカフェ

ポイント

コミュニティカフェの創設により地域交流を促進
マルシェや創業支援窓口設置など多彩な創業支援策により街を活性化

場所

埼玉県越谷市

協議会

なし

分類

【交流施設】【空き店舗・空きビル】【情報発信】【人材育成】【イベント】

実施主体

越ヶ谷TMO 新町商店会 越ヶ谷サードプレイスPJ実行委員会など

人口

30~50万人未満

概要

「CAFE803&&IC803」は、平成28年12月にオープンしたコミュニティカフェです。1日平均約100名が利用しています。このカフェは、地域インフォメーションセンターや創業支援窓口も有しています。つまり、地域住民同士の交流や創業支援を図る場としても地域社会に期待されているのです。「CAFE803&IC803」はどのようなプロセスを踏み、まちの活性化を図ったのでしょうか。

詳細はこちら

店舗開業前に顧客が出来たコミュニティカフェ(埼玉県越谷市)

主な利用支援策

地域・まちなか商業活性化支援事業費補助金

関連リンク
家族のような商店街! チャレンジショップ事業から専門店が次々に出店
路地裏と水辺のイノベーション「湖北の暮らし案内所 どんどん」の取組(滋賀県長浜市)
公共空間を活用した賑わい、くつろぎ空間の創出(豊田市駅西口ペデストリアンデッキ)
まちづくり会社「まちあい徳山」の取り組み  ―Minna-projectの実践―