本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 地域資源を活用し、コト消費の空間を創出~「観光客の回遊性向上と商店街組合員の増加」を図るイベント策~

地域資源を活用し、コト消費の空間を創出~「観光客の回遊性向上と商店街組合員の増加」を図るイベント策~

ポイント

湯河原の名産品、手作り作家が出店する手作り市を開催
後継者のみが集う別組織を立ち上げ、若手人材を取り込む
地域の各種団体と連携し、事業の実施体制を強化

場所

神奈川県足柄下郡湯河原町

協議会

なし

分類

【商店街販促】【イベント】【人材育成】

実施主体

湯河原駅前通り明店街

人口

5万人未満

概要

古くから温泉観光地として知られている湯河原町。商業の中心エリアに立地する湯河原駅前通り明店街では、手作り市を湯河原風にアレンジした「ぶらん市(ぶらんち)」を年4回開催しています。今では観光客をはじめとする来場者が年間1万5千人を越えるイベントとなり、郊外にある温泉街と駅前との回遊性向上に貢献。こうした地域の賑わいづくりに向けた活動への評価が高まり、新たに3店舗が商店街に入会しました。

詳細はこちら

地域資源を活用し、コト消費の空間を創出~「観光客の回遊性向上と商店街組合員の増加」を図るイベント策~(神奈川県湯河原町)

主な利用支援策

---

関連リンク

湯河原町商店街連合会 湯河原駅前通り明店街ホームページ
湯川駅前通り 明店街(Facebook)
お店の中にパン屋が出現! 観音寺パンストリート
公共空間を活用した賑わい、くつろぎ空間の創出(豊田市駅西口ペデストリアンデッキ)
「飫肥(おび)城下町食べあるき・町あるき」事業で観光客を商店街へ呼び込む!