本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化
課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • 新たな拠点がコミュニティを作り出し、まちに新たな人の流れを作る!

新たな拠点がコミュニティを作り出し、まちに新たな人の流れを作る!

ポイント

リノベーションによる多様な拠点の創出により、来街者が多様化
補助金に頼らないソフト事業の自主運営で、商店街店主の意識改善
以上により、商店街の雰囲気が改善し、新規出店の増加

場所

沖縄市

協議会

あり

分類

【市街地整備・改善】【空き店舗・空きビル】

実施主体

コザ商店街連合会、NPO法人コザまち社中、民間事業者

人口

10~30万人未満

概要

沖縄市のコザの商店街はリノベーションにより整備された4つの拠点により、新しい人の流れが出来ています。新しい4つの拠点はどのような影響を中心市街地に与えているのでしょうか。また、衰退した商店街の雰囲気をどのように変え、新しい拠点を呼び込んだのでしょうか。4つの拠点のプレイヤーとコザ商店街連合会事務局の広瀬氏に話を伺いました。

詳細はこちら

新たな拠点がコミュニティを作り出し、まちに新たな人の流れを作る!(第1回)(沖縄市)

新たな拠点がコミュニティを作り出し、まちに新たな人の流れを作る!(第2回)(沖縄市)

新たな拠点がコミュニティを作り出し、まちに新たな人の流れを作る!(第3回)(沖縄市)

主な利用支援策

---

関連リンク

ハード整備とソフト事業の相乗効果を図るには(前編)-まちなか(中心市街地)に民間活力を呼び込む取り組み-

地元の食と人の温かみで観光客を呼び込む!~「食の観光施設ながら創業も促進する屋台村」のスキームとは~

“きらり素敵な街・函館~交流拠点整備で賑わいを創出”市民、観光客の交流拠点をきっかけに、さらに魅力度が上がる街、はこだて