本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • まちづくり事例
  • 「人口3万人のまちで、2つのまちづくり会社と商店街を中心に、公民連携による持続的なまちづくりをめざす」(高知県四万十市)

「人口3万人のまちで、2つのまちづくり会社と商店街を中心に、公民連携による持続的なまちづくりをめざす」(高知県四万十市)

事業展開のポイント
  • 地域の特性に合った持続的なまちづくり
  • 第三セクターと民間のまちづくり会社、さらには商店街との連携
  • 市、商工会議所、中央会等も巻き込む公民連携の進め方

人口3万人台の四万十市ではまちの課題の解決に向けて担い手が現れ、まちづくりに精力的に取り組んでいます。土佐の小京都と呼ばれ、商店街が生活に息づくコンパクトなまちの歴史や文化といった地域資源を活かしながら第1期中心市街地活性化計画の反省に立って公民連携による持続的なまちづくりが始まりました。

四万十市中心市街地の経緯

四万十市は、高知県西南部に位置する人口34,018人(出典:平成30年12月1日、住民基本台帳)、世帯数16,574世帯(出典:同住民基本台帳)、面積632平方キロメートルの自治体です。土佐の小京都と呼ばれ、平成30年には一條教房公が下向して550年を迎えて「土佐の小京都中村550年祭」が行われました。 
高知県西部の幡多地域の商業、行政機能の中心を担う四万十市の商圏人口は旧幡多郡全域から約10万人が見込まれ、年間約120万人弱(出典:四万十市観光商工課調べ:平成28年)が四万十市内(旧西土佐村を含む)の四万十川観光に訪れます。
商業統計(平成26年)を見ると、事業者数544、年間販売額67,645百万円で年間販売額は増加傾向にあります。

四万十市中心市街地は、四万十川、後川に囲まれた地勢的にまとまりのある地域です。市街地内には市役所、図書館、郵便局、学校、病院等の公共公益施設ならびに国や県の出先機関が集中し、7つの商店街、283店舗(出典:四万十市中心市街地活性化基本計画)があり、幡多地域一円から集客する経済・行政機能の中心を担っています。一方で、国道56号沿い、四万十川対岸の具同地区では大型店が進出し、近隣から集客しています。

四万十川と佐田沈下橋
四万十川と佐田沈下橋