本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • まちづくり事例
  • (第2回)中心市街地×農業地域で市の魅力発信を図る「まちなかワイナリー」(茨城県水戸市)

(第2回)中心市街地×農業地域で市の魅力発信を図る「まちなかワイナリー」(茨城県水戸市)

地域と連携して水戸市の魅力を発信する

前回は、農業地域の魅力を発信してきた泉二丁目商店街に、宮本氏がまちなかワイナリーを設置し、さらなる魅力発信に動き出すまでをお伝えしました。第二回となる今回は、宮本氏が、ファン顧客や農家、さらには教育機関など地域と連携して、ドメーヌ水戸の魅力だけでなく、地域の魅力の発信する取り組みついてお伝えします。

顧客との連携

ドメーヌ水戸は、ファーマーズマーケットのファンを始めとする地域住民を、ドメーヌ水戸の「ひとくちオーナー」制度を活用してドメーヌ水戸のファン顧客として取り込みました。ひとくちオーナーに登録するとドメーヌ水戸が醸造したワインが贈呈されるとともに、ぶどうの収穫からワイン醸造までのワイン造り体験ができる特典があります。この体験イベントを通して、ドメーヌ水戸と顧客の関係性強化や顧客間の関係性の構築から新たな地域コミュニティ形成につなげています。

収穫体験や醸造体験の様子
収穫体験や醸造体験の様子

参考URL)ドメーヌ水戸のひとくちオーナー制度 ドメーヌ水戸ホームページ 別ウィンドウで開きます

地域農家との連携

地元農家との連携策として先述の通り、地元産ぶどうの活用がありますがその他に、ワインツーリズムがあります。ひとくちオーナーの構成は、水戸市ならびにその周辺の住民が四分の三を占めますが、四分の一は都内在住の水戸市ゆかりの方やワイン愛好家です。こうした方に向け、東京駅発のワインバスツアーを展開しました。茨城県の農林水産部の補助事業を活用し、バス運賃をドメーヌ水戸が負担し、ぶどう畑の見学と収穫体験、さらにはドメーヌ水戸での醸造体験を行い、市内の飲食店や観光地などでワインと食事を楽しむというものです。このバスツアーにひとくちオーナーの口コミから首都圏のワインサークルがバスツアーに参加するなど、水戸市の農産業や中心市街地の魅力を発信しながら、活性化に繋げる取り組みとなっています。
加えて、JRと茨城県が協働で展開する鉄道旅行商品「いばらきよいとこプラン」にも水戸市のぶどう畑やドメーヌ水戸を核としたワインツーリズムを出品し人気を博しました。こうした取り組みからワイン愛好家は想像以上に行動的であることが分かり、市を挙げてワインを核としたクラインガルテン(市民農園)に発展させ、中心市街地活性化につなげていこうとしています。

バスツアープログラムの一つである千波公園における食事会の様子
バスツアープログラムの一つである千波公園における食事会の様子