本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • まちづくり事例
  • (第1回)中心市街地×農業地域で市の魅力発信を図る「まちなかワイナリー」(茨城県水戸市)

(第1回)中心市街地×農業地域で市の魅力発信を図る「まちなかワイナリー」(茨城県水戸市)

まちなかワイナリー設置のきっかけ

まちなかワイナリー・ドメーヌ水戸があるのは、水戸市内にある泉町二丁目商店街です。同商店街の高野理事長と秋山副理事長は、水戸市ばかりでなく茨城県産の農産品を活用したマルシェや情報発信策を積極的に打ってきました。具体的には、2004年に泉町新鮮市として始まり、2012年に泉町新鮮市をリニューアルした「ファーマーズマーケット@水戸」やコミュニティペーパー「IZM」等です。つまり、泉町二丁目商店街には農産品を始めとする地域資源を活用してまちを盛り上げる素地があるのです。さらに、市内の一商店街でありながら、水戸市全体の活性化を見据える視点があったことも後の宮本氏の取り組みに影響を与えることになります。

ファーマーズマーケット@水戸の取り組み
ファーマーズマーケット@水戸の取り組み

関連リンク) IZMホームページ 別ウィンドウで開きます

※上記のサイトからも泉町二丁目商店街が農業地域と連携して商店街の魅力だけでなく水戸の魅力発信に努めてきたことが分かる。

 

その泉町二丁目商店街の近くで営業する酒屋が実家である宮本氏がUターンで戻ってきたのです。宮本氏は衰退の気配が見られる商店街を目にし、活性化のために何か打てる手はないかを考えました。