本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化課題解決のヒント
まちづくり事例

重層的なネットワークがまちに変化をもたらす(島根県江津市)

ポイント
  • 交流会などを活用したアイデアの創出とまちづくりネットワークの形成
  • 成功体験の積み重ねによる主体的なプレーヤーの育成
  • 以上の循環による重層的なネットワークの形成
  • 重層的なネットワークがもたらす、さらなる活性化策の展開

江津市では、様々なイベントを始め、人脈を広げる交流策や創業支援を通して、人の輪を広げ、まちづくり人材を発掘しています。また、発掘したまちづくり人材同士が交流することで相乗効果を発揮し、活性化策を講じてまちを盛り上げています。その結果、まちの賑わいを図るイベント策の展開、さらに、賑わい始めたまちなかへの創業・開業が加速したことで空き店舗減少などの効果につながりました。江津市のまちづくり団体、特定非営利活動法人てごねっと石見(以下、てごねっと石見)の理事長である藤田貴子氏(以下、藤田氏)にその取り組みについてお話を伺いました。

江津市の人材を組織し共に活性化を図る藤田貴子氏
江津市の人材を組織し共に活性化を図る藤田貴子氏