本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

まちづくり事例さまざまな市街地活性化課題解決のヒント
まちづくり事例
  • HOME
  • まちづくり事例
  • 主体的に活動するまちづくりプレーヤーや組織を呼び込む環境作り(長野県飯田市)

主体的に活動するまちづくりプレーヤーや組織を呼び込む環境作り(長野県飯田市)

事業展開のポイント
  • 事務局や運営補助を行うなど、黒子役に徹するまちづくり会社の存在
  • まちづくり人材・組織を呼び込む組織や環境づくり
  • まちづくり人材・組織の成功体験の蓄積による新たな活性化策の展開
  • まちづくり人材・組織間の協働による更なる活性化策の展開

飯田市では、まちづくりプレーヤーや市民団体などの組織を呼びこみ、イベントなどの活性化策展開につなげています。そこには、主体的に活性化策に関わり、成功体験を得たプレーヤーが新たな活性化策の実施や新たな組織の立ち上げを図る姿が見られます。さらに、まちづくり組織同士も協同することで組織力を高め活性化に寄与しています。飯田市の様々なまちづくり団体の設立の経緯や取り組みを紹介しながらそのプロセスをお伝えします。なお、これらの取り組みは、株式会社飯田まちづくりカンパニー(以下、飯田まちづくりカンパニー)の代表取締役専務である三石秀樹氏(以下、三石氏)に伺いました。

まちづくりプレーヤー・組織を呼び込むプロセスを語って下さった三石氏
まちづくりプレーヤー・組織を呼び込むプロセスを語って下さった三石氏