HOME > ちいきクローズアップ最新情報 > 店舗開業前に顧客が出来たコミュニティカフェ(埼玉県越谷市)

店舗開業前に顧客が出来たコミュニティカフェ(埼玉県越谷市)

CAFE803のはじまり:平成26年冬

旧日光街道沿いにある新町商店会(全体店舗数39店舗)(以下、商店会)では、後継者がいる割合が約51%でした。「あと10年もすれば、残りの50%弱の店舗が廃業となる危機をどう回避していくか?」という問題を掘り下げたところから取組が始まりました。

それを踏まえ、越ヶ谷TMOの勧めで商工会が、対象顧客の分析をするために各個店で顧客向けのアンケートを採りました。その結果は、

これらの条件から新町商店会の顧客は、商店会の商店主とともに育った昔からの住民ではないか、と予測を立てました。

また、ちょうどその頃、越ヶ谷TMOが、市外からここ最近、流入してきた層が多く住む、中心市街地の集合住宅住民に対し、意識調査を行っていました。そのアンケートの対象属性は、300回答のうち62.8%が20~40歳代の住人ということがわかりました。

この調査から商店会長である井橋潤氏(金物屋 有限会社 釘清の店主)は、新町商店会の新しい顧客層作りと商いの仲間作りを図る構想を練り始めました。

井橋氏は昔からの住民と例大祭などの活動を積極的に行ってきました。商店会は様々な地域活動を行ってきたにも関わらず、店舗が減少し、コインパーキングや宅地化が進んでいる状況でした。井橋氏が最も重要視していた日光街道越ヶ谷宿の古くからある木造建築物の商家も閉店することでその多くが宅地に変わっていき、日光街道の趣が薄れていくことに悔しさを感じていました。そのなか上記のような「駅周辺の集合住宅にすむ新しい住民に対してアプローチできないか?」と考えました。

そこで、中心市街地の住民に対して、先住者(日光街道に一戸建てに住む層)・新住民(駅周辺の集合住宅に住む層)を上手に区分できる形でアンケートを配布し、以下のような内容を聞き取りました。

<アンケート結果>

井橋氏はアンケートの結果から集合住宅の住民の特徴と大まかな対策方針を以下のように考えました。

ここから越ヶ谷TMOと新町商店会で越ヶ谷サードプレイスPJ実行委員会(以下、実行委員会)をつくり、新しい顧客獲得の対策を練ることになりました。実行委員会では、井橋氏の希望もあり、井橋氏の出資で街の情報発信基地になり、創業応援のできるコミュニティカフェの計画が始まりました。事前に三つの条件を守ることを委員会で決めました。

  1. カフェは飲食のほか、ギャラリーや教室など、様々な目的に使用できるスペースとして経営をしっかり行い黒字化にする。
  2. カフェができるまでに新しい客層を街に巻き込む。
  3. 将来の商業者の仲間作りとして創業支援の種まきを行っていく。


写真.CAFE803&IC803の様子

次のページカフェの黒字を目指す調査:平成27年夏

ちいきクローズアップ最新情報へこのページの先頭へ