平成29年度 九州・沖縄地区 中心市街地活性化協議会交流会 in 鹿児島 | 協議会交流会の活動報告 | 中心市街地活性化協議会支援センター
HOME > 協議会・地域の活動状況 > 協議会交流会の活動報告 > 平成29年度 九州・沖縄地区 中心市街地活性化協議会交流会 in 鹿児島

平成29年度 九州・沖縄地区 中心市街地活性化協議会交流会 in 鹿児島

プログラム

  1. 日時
    平成29年12月7日(木曜)13時30分~17時10分
    平成29年12月8日(金曜)9時10分~12時40分
  2. 場所
    鹿児島商工会議所(アイム)14階 大会議室
    マルヤガーデンズ、天文館シネマパラダイス、かごっまふるさと屋台村
  3. 主催
    独立行政法人中小企業基盤整備機構 九州本部・南九州事務所・沖縄事務所
    中心市街地活性化協議会支援センター、九州経済産業局、内閣府沖縄総合事務局
  4. 共催
    鹿児島市中心市街地活性化協議会
  5. テーマ
    多様な民間事業者による、多彩な中心市街地活性化
  6. 交流会次第
    1日目:平成29年12月7日(木曜)
    13時30分~ 開会・主催者挨拶
    独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部 南九州事務所長 山脇 修
    13時35分~ 共催挨拶
    鹿児島商工会議所 会頭 岩崎 芳太郎氏
    13時45分~ 「鹿児島市中心市街地活性化」の取り組みについて
    鹿児島市産業局産業振興部産業政策課 課長 川田 雅子氏
    14時15分~
    • 講演1
      「We Love 天文館協議会」及び「天文館シネマパラダイス」について
      株式会社天文館 代表取締役会長 有馬 勝正氏
    • 講演2
      「マルヤガーデンズ」について
      城山観光株式会社常務取締役、株式会社丸屋本社取締役 玉川 惠氏
    • 講演3
      「かごっまふるさと屋台村」について
      NPO法人 鹿児島グルメ都市企画 専務理事 森 雅宇氏
    16時05分~ トークセッション
    テーマ「鹿児島市中心市街地のこれから」
    • スピーカー
      有馬勝正氏×玉川惠氏×森雅宇氏
    • コーディネーター
      独立行政法人中小機構九州本部中心市街地
      サポートマネージャー 岡本 真司
    17時05分~ 中心市街地活性化協議会支援センターの紹介
    18時30分から意見交換会(山形屋1号館7階)
    2日目:平成29年12月8日(金曜)
    9時10分~ 中小機構支援メニュー等の紹介
    独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部
    9時25分~ 平成30年度中心市街地活性化施策等について
    九州経済産業局 産業部流通・サービス産業課
    9時45分~ (移動)
    10時00分~ 現地見学
    マルヤガーデンズ → 天文館(商店街)→ 天文館シネマパラダイス → かごっまふるさと屋台村
    12時30分~ 閉会挨拶
    九州経済産業局 産業部流通・サービス産業 課長補佐 山北 哲矢氏
  7. 参加者数  49名
  8. 参加地域数  21地域

交流会概要

今年度の「九州・沖縄地区中心市街地活性化協議会交流会」は、3期目の中心市街地活性化基本計画を目指す鹿児島市において行われました。

平成30年に明治維新150周年を迎えるにあたって益々活気付く鹿児島市は民間投資も盛んです。今回は民間投資の先駆事例として、「天文館シネマパラダイス」「マルヤガーデンズ」「かごっまふるさと屋台村」の話を伺う事ができました。

株式会社天文館の代表取締役社長有馬氏からは、(天文館)商店街へ「買物に来る」ことから「遊びに行く」に考え方が変わってきている、といった目的買いから時間消費へ行動が変化してきているという調査結果から時間消費を意識し、天文館シネマパラダイスを設立したとの説明がありました。

城山観光株式会社常務取締役の玉川氏からは、マルヤガーデンズの歴史として、呉服屋からスタートし、三越百貨店との提携、そして提携解消といった経緯から現在の庭に居るような売り場作りの説明がありました。

NPO法人鹿児島グルメ都市企画専務理事の森氏からは、25店舗が出店する「かごっまふるさと屋台村」の話がありました。鹿児島県産品の情報発信拠点の側面もあるため、鹿児島地産にこだわり、同時に若手育成の場としても機能しています。出展者は「美味しさとともに楽しさを提供」という考えが徹底されており、「笑顔と会話でおもてなし」を具現化しています。

具体的な説明のあとに現地見学(2日目)を行うことで、取組がより理解できるものとなりました。
 一見、行政主導に見える中心市街地活性化ですが、民間の活力向上によって官民一体となったまちづくりを目の当たりにできる鹿児島での交流会でした。


写真.トークセッション:鹿児島市中心市街地のこれから


写真.マルヤガーデンズ


写真.天文館シネマパラダイス


写真.かごっまふるさと屋台村

協議会交流会の活動報告へこのページの先頭へ