本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

HOME > 協議会・地域の活動状況 > 協議会交流会の活動報告 > 平成29年度全国中心市街地活性化協議会勉強会 > 第4分科会

平成29年度全国中心市街地活性化協議会勉強会 第4分科会

発表概要

第4分科会発表者:千島孝弘氏
「よそ者・若者」が挑む二千年のまちの活性化手法とは

三重県伊勢市 伊勢市中心市街地活性化協議会 タウンマネージャー
千島 孝弘

千葉県出身の千島氏は31歳の若さながら、二回り以上年の離れた商店街店主と地域の壁・年齢の壁を越えて中心市街地活性化に取り組んでいる。 
 伊勢と言えば「おかげ横丁」や「おはらい町」が隣接する「内宮」を想起しがちだが、中心市街地はかつて地域の「顔」として発展を支えてきた「外宮界隈」になる。歴史的背景を踏まえ、現代の効率に合う活性化策を日々まちなかで模索する千島氏から、中心市街地活性化事業の具現化について発表があった。

参加者の声


写真.第4分科会の様子

その他の分科会

 
全国勉強会トップページへページの先頭へ戻る