HOME > 協議会・地域の活動状況 > 協議会交流会の活動報告 > 平成29年度全国中心市街地活性化協議会勉強会 > 第2分科会

平成29年度全国中心市街地活性化協議会勉強会 第2分科会

発表概要

第2分科会発表者:鈴木政輝氏
まちは自分たちが作る!-市民の当事者意識の醸成とは-

山形県長井市 長井市役所 主任
鈴木 政輝

山形県長井市は東北地方の人口2.7万人の市である。人口減少など全国に共通する課題を抱えている。長井市の再生として中心市街地活性化に取り組むが、重点に置いたのは住民、商店街、行政が一体となってまちづくりに取り組む当事者意識の醸成である。中心市街地活性化基本計画立ち上げから関係者の理解に苦心した長井市だが、徐々に市民のまちづくり活動が芽吹き始めている。それまでの行政が行った環境作りのプロセスについて発表があった。

 

参加者の声


写真.第2分科会の様子

その他の分科会

 
全国勉強会トップページへページの先頭へ戻る