HOME > 協議会・地域の活動状況 > 協議会交流会の活動報告 > 第26回近畿中心市街地活性化ネットワーク研究会(川西市)

第26回近畿中心市街地活性化ネットワーク研究会(川西市)

現地調査

現地調査は園田氏から説明頂いた「アリの目線」で見る観察調査のポイントを踏まえ、2か所で行いました。「アリの目線」で見てみるとベンチなどのアクティビティや周囲の環境が、居心地の良さに影響することを体験しました。また、周辺の施設の状況により来訪者の属性が変わるので、ターゲットに応じた空間作りが重要であることを実感できました。


駅前デッキ調査の風景


三角地イベント広場調査の風景

 

次のページワークショップ