HOME > 協議会・地域の活動状況 > 協議会交流会の活動報告 > 第11回中部中心市街地活性化ネットワーク会議

第11回中部中心市街地活性化ネットワーク会議

第2部 和歌山県田辺市の中心市街地活性化の取り組み 尾崎弘和氏

1.ゲストハウス事業

ゲストハウス事業とは、まちづくり会社である南紀みらい株式会社が10年間空き家だった民家をリノベーションし、平成25年より紺屋町屋という名前で宿泊事業として事業展開を図ったもの。

田辺市熊野ツーリングビューローと連携し、基本素泊まりの宿泊一棟貸しを展開、現在は事業として利益を出している。事業効果としては交流人口の増大(にぎわい創出)、資産の有効活用などが挙げられる。

参考リンク) 紺屋町家(新規ウインドウ表示)

2.情報発信

田辺市では女性に人気の文筆家甲斐みのりさんやイラストレーターの大神慶子さんに協力いただき、おしゃれな田辺市のパンフレットの作成をした。

「暮らすように旅する田辺」と題するパンフレットは、田辺市の紹介、地元のお店紹介、観光地などが紹介されている。田辺市を知らない人にもそのパンフレットが口コミで広がり、集客につながる効果があった。

参考リンク) 田辺市パンフレット(新規ウインドウ表示)

3.アートイベント

「紀の国トレイナート」の取り組みについてご紹介。
これは臨時列車を使ってアートフェスティバルを開催するもので、アートを介し、JR、各市町、各団体、地元業者、生産者、教育機関を結び付け県外に発信し得る魅力あるコンテンツを生み出すことを目的に始めた。

電車に限らず駅のプラットフォームや駅舎もアーティストが表現を展開し、電車で移動しながらアートに触れられるものになっている。

参考リンク) 紀の国トレイナート(新規ウインドウ表示)

このように田辺市では、他が行っていないような独自の取り組みを行い、まちの活性化につなげる試みを行っている。


田辺商工会議所 尾崎弘和氏

 

 

次のページ 第3部 グループ討議:観光まちづくり事業のこれから