平成28年度全国中心市街地活性化協議会勉強会

プログラム

  1. 開催日
    平成28年11月2日(水曜日)13時00分〜17時00分
  2. 会場
    フクラシア浜松町 (東京都港区)
  3. 主催
    中小企業基盤整備機構(以下「中小機構」)本部
    中心市街地活性化協議会支援センター
  4. 目的
    他の地域にとってヒントになる取り組みを行っている方々を事例発表者とし、分科会形式で行うことで、中心市街地活性化に取り組んでいる地域が相互に課題・情報の共有を図り、課題解決に向けた議論を行うことを目的に開催。
  5. 勉強会次第
    13時00分〜13時05分 挨拶
    13時05分〜13時10分 全国勉強会進行のガイダンス
    13時10分〜14時40分 分科会[1]
    発表者による事例発表(7分科会)
    発表者との質疑応答・意見交換
    1. 第1分科会
      粒ぞろいの地域事業創出で魅力的にみせる、チームワークとマネジメント
       青梅市中心市街地活性化協議会 タウンマネージャー 國廣純子氏
    2. 第2分科会
      中心市街地活性化の本質を理解しマネジメントする
       山口市中心市街地活性化協議会 タウンマネージャー 有田實氏
    3. 第3分科会
      市民との“つながり”を大切にするまちづくり会社の役割
       まちづくり福井株式会社 代表取締役 岩崎正夫氏
    4. 第4分科会
      “どんどん”とは何か? 名門まちづくり会社の活路開拓、次世代の挑戦!
       長浜まちづくり株式会社 風景プランナー 竹村光雄氏
    5. 第5分科会
      収益と人財を作るまち会社直営カフェ! −自主的会社の挑戦−
       多治見まちづくり株式会社 事業課長 五島智明氏
    6. 第6分科会
      家族のような商店街が支援するチャレンジショップ
       天神橋商店街理事長 國吉康夫氏
    7. 第7分科会
      元氣な商業者を“結び・育み・繋ぐ”−街元氣プロジェクト−
       久留米商工会議所 商業振興課長 行徳和弘氏
    14時55分〜15時15分 中小機構からの連絡事項
    各地域ブロック協議会交流会の活動報告
    15時15分〜16時45分 分科会[2]  内容は、分科会[1]と同じ
    16時45分〜17時00分 分科会まとめ
  6. 参加者数  136名
  7. 協議会数  43協議会

勉強会概要

中小機構本部の挨拶の後、中心市街地活性化協議会支援センターから、全国勉強会進行のガイダンス説明がありました。この後、テーマ別に7つの分科会となり、コーディネーターの進行により発表者による取組事例発表と質疑・ディスカッションが行われました。各参加者は2つの分科会に参加し、活発な意見交換を行いました。

会場の様子
会場の様子

最後に各分科会のコーディネーターにより、まとめが報告されました。
 各分科会のテーマと発表者による発表のポイントとまとめは次のとおりです。

 

次のページ第1分科会

 

1/9

戻る