平成28年度東北地域中心市街地活性化協議会等交流会(山形市)

山形市の歴史と中心市街地活性化基本計画の概要

事例発表に先立ち、山形商工会議所の設楽理事から山形市の中心市街地の推移を歴史的背景を交えながら説明頂きました。

また、山形市商工観光部山形ブランド推進課の花輪課長から、山形市中心市街地活性化基本計画について説明を頂きました。中心市街地の衰退や、仙台市と隣り合うという厳しい地理的条件の中、山形市独自の歴史的資産を活用しどのように活性化を図るか、ハード面、ソフト面、それぞれのスキームが説明されました。

第1期計画の3つの柱
  1. (1)「まちなか観光」「イベントによるにぎわいの創出」
  2. (2)人の温もりを中心部に誘導する「まちなか居住」
  3. (3)特色ある商業の振興
第1期計画を終えての課題
  1. (1)人口減少社会を見据えた誘客の推進
  2. (2)来街者を歩行者・自転車通行量につながるための事業の展開
  3. (3)空き店舗の解消

第2期計画の3つの柱
  1. (1)「街なか回遊」・「街なか居住」・「イベント」によるにぎわいの創出、基本方針
  2. (2)特色ある商業の振興、基本方針
  3. (3)山形の歴史・文化資源を活かした街なか観光の推進
 

次のページ東北交流会に参加して

 

5/6

 
戻る