第1回四国地域中心市街地活性化協議会交流会(西条市)

日時 平成25年9月17日(火)14:00〜18日(水)12:00
開催地域 愛媛県西条市
開催場所 西条商工会館大ホール
主催 中小機構四国本部、中心市街地活性化協議会支援センター
交流会次第 [会議]  平成25年9月17日(火) 14:05〜18:00
1.基調講演(14:05〜15:35)
 「北九州まちづくり応援団の今後の展開について」
    北九州まちづくり応援団株式会社エリアマネージャー

2.国・県の中心市街地支援施策紹介(15:45〜17:05)
 (1)四国地方整備局建政部都市・住宅整備課
 (2)四国経済産業局産業部商業・流通・サービス産業課
 (3)徳島県商工労働部企業支援課
 (4)香川県商工労働部経営支援課
 (5)愛媛県経済労働部経営支援課
 (6)高知県商工労働部経営支援課

3.各協議会の今年度の主な取り組み及び課題(17:05〜17:25)

4.情報交換(17:25〜18:00)
進 行  中小機構四国本部中心市街地サポートマネージャー
助言者  北九州まちづくり応援団株式会社エリアマネージャー

5.その他

[現地見学会等]  平成25年9月18日(水) 10:00〜12:00
 (1)場 所    紺屋町フロム
 (2)次 第
  @説明等(10:00〜11:00)
   「西条紺屋町商店街の取り組み」
     株式会社やりよるけん西条
  A現地見学(A街区〜E街区)(11:00〜12:00)
参加者数 43名
協議会数 5協議会(関係機関 10先)

交流会概要

[会議]
1.基調講演
交流会全体風景

  北九州まちづくり応援団株式会社エリアマネージャーから、設立の経緯、活動内容について次のとおり説明がありました。  

  • 北九州まちづくり応援団(株)は、2005年に北九州商工会議所がTMOとして認定を受けた際、中心市街地活性化のソフト事業を推進する専任の「実行部隊」として設立された。
  • 2006年、新たにハード事業も推進する組織として、行政からの出資を受け、現在の姿になった。
  • 事業内容は、小倉城等の指定管理業務、イベントや共通駐車券業務、そして、2012年空き物件だった「サンリオ小倉ビル」1棟まるごとを転貸としてテナントミックスを行ない、再生することに成功した。
  • サンリオ小倉ビルの1階はテナント、2階は子育て支援施設、3階は多目的スペースそして4階は当社の事務室になっている。
  • これにより、まちづくり会社の自立に向けた収益事業の柱を確保することができた。
  • 今後は、テナントリーシング、低未利用地・空間活用事業に取組みを拡大するとともに、より幅広い活動が可能になる「都市再生整備法人」になることを目指したい。
  •  

2.国・県の中心市街地支援施策紹介
 
(1)四国地方整備局建政部都市・住宅整備課
 中心市街地活性化に関する支援策が紹介され、引続き、最近話題の「官民連携によるまちづくり」、「地方都市の再構築(リノベーション)」、「低炭素まちづくり」、「耐震改修促進法の改正」について説明がありました。
(2)四国経済産業局産業部商業・流通・サービス産業課
中心市街地活性化政策の見直しと方向性の説明があり、引続き、26年度の中心市街地活性化に関する概算要求内容等が紹介されました。

 この後、中心市街地等支援施策として4県から次のとおり県単独の支援策が紹介されました。

 
(3)徳島県商工労働部企業支援課
1. 商店街団体ネットワーク活動事業費補助金
2. ふるさとショップ開業支援事業費補助金
(4)香川県商工労働部経営支援課
1. 中心市街地商店街活性化支援事業
2. 商店街活性化コンペ事業(通称:舞台は商店街!コンペ事業)
(5)愛媛県経済労働部経営支援課
1. 中心市街地商店街にぎわい再生支援事
2. 地域連携商店街にぎわい再生支援事業
3. 商店街応援隊事業(商店街地域再生リーダー育成事業)
(6)高知県商工労働部経営支援課
1. こうち商業振興支援事業
2. 商店街振興組合指導事業
3. チャレンジショップ事業
3.各協議会(商工会議所を含む)の今年度の主な取り組み及び課題
 
(1)高松市
認定2期基本計画の概要と、商店街の取組みとして、商店街活性化事業と商店街まちづくり事業そしてプレミアム商品券発行事業等。
(2)松山市
まちづくり初動期支援事業、個店の魅力アップや空き店舗対策、商店街若手経営者等交流会等の人材育成事業。
(3)西条市
先進地見学、通行量調査、基本計画事業の進捗報告。
(4)高知市
1. 商店街賑わい創出支援、街なかガーデニング、街なかキャンパス、商店街まちなみアドバイス、“まちの灯台”エスコーターズ事業。
2. 「まちゼミ」が、40店参加により近々開催予定。
(5)宿毛市
意欲的な経営者、若手の経営者に対する支援措置について勉強会を開催予定。
[現地見学会等]
現地視察概要説明

(株)やりよるけん西条による概要説明の後、現在、紺屋町商店街で進められているハード整備について見学しました。

 整備地区は、南から街路を挟みA・B地区、中間に街路を挟みC・D地区そして北に街路東側のE地区の5地区になっています。

 A・B地区は、低層に商業床を設けたマンション複合施設(優良建築物等整備事業)、C・D地区はテナントミックス施設(戦略的中心市街地商業等活性化支援事業)、E地区は、低層に医療床を設けたマンション複合施設(優良建築物等整備事業)です。

 C地区の施設はJAによる「産直市」、D地区は飲食・サービス系のテナントが営業中で、A・B・E地区は建築中です。

 この整備事業は、市民の間でも話題になっており、まちなかの賑わい再生に期待が高まっています。



視察
戻る