機動力ある協議会の在り方と新しいプレイヤーの発掘 | 協議会訪問 | 中心市街地活性化協議会支援センター
本文へ

中心市街地活性化協議会支援センター

文字サイズ

HOME > 協議会・地域の活動状況 > 協議会・まちづくり会社訪問(新着順) > 機動力ある協議会の在り方と新しいプレイヤーの発掘~諫早市中心市街地活性化協議会~

機動力ある協議会の在り方と新しいプレイヤーの発掘
~諫早市中心市街地活性化協議会~

課題
  • まちの変化に対応するスピーディな中心市街地活性化の対応
  • 商店街(中心地)の活性を図る新たなプレイヤーの発掘

取組と効果
  • 機動力ある中心市街地活性化事業推進体制の構築
  • イベントをまちなか呼び込む雰囲気づくりやイベントプレイヤーとの人脈の形成

諫早市では商店街連合会、商工会議所、行政(以下、三者)が中心となってまちづくりを推進する動きは目を見張るものがあります。例えば、生鮮品などを取り扱う小売店が商店街に無くなってしまうという状況に対して、商店街自らがそれらを充足するためにショッピングセンターを整備するなどの動きを見せています。

※詳細は下記ページを参照ください。
参考リンク) 商店街自らが不足業種充足のSCを建設新規ウインドウ表示

今回は諫早市の機動力ある中心市街地活性化はどのような組織体制で行われているか、また、昨今進みつつある商店街の若い店主や商店街以外の中活プレイヤーの活躍などを紹介したいと思います。

 

次のページ事業推進を図る協議会の仕組みと取り組み

協議会・まちづくり会社訪問へこのページの先頭へ